にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村 ピンチはチャンスッッ(仮)~碧く輝く~ SNSの楽しみ方
FC2ブログ
コンテントヘッダー

SNSの楽しみ方

題名から何のこっちゃという内容ですが、
少し説明をさせて下さい。

当ブログ発信で今まで様々な企画を行って来ました。

基本的な考え方としては「楽しんで貰う」
これを意識してやっています。

あおいたんタイム然り、
あおいたん大喜利然り。
ごくたまに作ってる壁紙なんかもその一つです。
壁紙は個人用に作ったものを、
皆さんにも披露している様な自己満足作品ですけど(笑)

なのでこういったものを楽しくない事に使われるととても寂しくなるし、
哀しくなります。
怒りの感情よりも哀しい。
それに尽きます。

特に「あおいたんタイム」は私の知らない所でもして頂いている事もあり、
もうとっくの昔に私の手からは旅立っています。
とは言ってもタグ作成者として愛着はとてもあるんですよね。
だから変な使われ方をされると本当に悲しいんです。

大喜利に関しても誰かが腹立つ様な回答は避けて欲しいんです。
因みにこれはどうかなと思うものは私の所で止めています。

まぁ何が言いたいかというと楽しくやりましょうという事なんです。
マナーだとか色々とありますが、
それを拡散する事によってそれがアンチ活動と取る人も居るんですよね。
本当に難しい所なんですけど、
ネットって非常に言葉悪く平気で罵って来る様な残念な人も居ます。
こっちが例え正論でも。

何か問題があればある程度発信する事は大事だとは私も思いますが、
やり過ぎるとそれ自体が問題になって来ます。

何事もさじ加減って大事ですよね。

ファン同士で変な対立構図を作っても何も生み出しません。
双方歩み寄って出来るだけ沢山の方が、
心から笑って楽しめる様なそんな場所がHKTだと良いなって私は思います。

ちょっと内容的に非常につまらない内容で申し訳ないです。
(普段が面白いのかっていう意見は置いておきますw)

楽しみましょう!
楽しんでいる雰囲気の中に人は集まって来ますから^^

それだけです!!

【あおいたんかれんだー】
2019_10_3.jpg
ゴリゴリのダンスユニットを48内で作って欲しいなって思いますが、
そうなれば間違いなく彼女はその一人になって来るんじゃないでしょうか。

2019_10_3_01.jpg
韓国でも頑張って欲しいですね^^

↓ポチッとお願いします
にほんブログ村 芸能ブログ <br />HKT48へ
にほんブログ村

テーマ : AKB48 SKE48 NMB48 HKT48
ジャンル : アイドル・芸能

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

本当に申し訳ございませんでした。

9月29日の夕方に僕がTwitterでやったことに関して、
ここでお詫び申し上げます。

本当に申し訳ございません。

 当時 僕がつぶやいた数々のツイート(およびその日の事を受けて僕が作ったコラージュ)、一部の方がいいねやRTをしてくれました。
 しかし、改めて振り返ると、HKTのこと、およびその日のライブのことを全く知らない方からしたら 「いったい何があったの?」 ってなりますし。
 更に厳しい場合は、「何言ってるの? (マナー:)そんなのあたりまえじゃん。」 「いちいち繰り返さんでええ!」 って僕は言われてるのでしょう。

 何よりも、あの時間帯で僕がおかしたことにより、
ここ数年、僕が各SNSで 度々ネガキャン投稿を出してきたという前科もあって、
今回も僕は、同じアイドルグループを応援しているたくさんのファンから批判の目で見られたのだろう と思っています。

 本当に、僕自身が情けないです。
 自分自身、いろいろと酷すぎる。
 これまでに、何回 アイドルグループとそのファンに迷惑をかけてきたことか。

 今後 もし、僕がまた、アイドルとして日々頑張っている女の子たち/女性たち、もしくはその子たちを応援しているファンのことを貶めるような行動をおかしたら、もう二度と 一生 顔を合わせられないので、
これからは、現実世界においても、ネット世界においても、

【相手方の立場になってよく考えた】 上で

あらゆる行動をしたいと思います。

 今後ともよろしくお願いいたします。
 改めて、9月29日のこと、本当に申し訳ございませんでした。


2019年10月2日
シマルット・ラーピセートパン
このページのトップへ
このページのトップへ
アクセスカウンター
プロフィール

キッカー

Author:キッカー
HKT48KⅣキャプテン
本村碧唯応援ブログです。

相互リンク絶賛募集中!!
ご連絡お待ちしています。


最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR