にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村 ピンチはチャンスッッ(仮)~碧く輝く~ 指原莉乃卒業コンサートから見えて来たもの②
FC2ブログ
コンテントヘッダー

指原莉乃卒業コンサートから見えて来たもの②

今回は新公演に関して書いて行こうと思います。

その前に少し気付いた事があったのでここに書きます。
昔を振り返ってみて考えたのがHKT=学校だったんだなぁと。

転校があり、クラス替えもあり、部活動もあったり、
運動会もありました。
そして今回の卒業式。
と思った訳です。

さて今回のテーマに入ります。

新公演「いま、月は満ちる」

タイトルが深過ぎて中々解釈が難しいです。

咲良、奈子、そしてはるっぴが戻って来ると満月になる。
そんな意味合いにも捉える事が出来ますし、
あなた達が作り上げて満月にしていくんだよって意味にも。

色々と考えさせる意味合いがあるんでしょうねきっと。

秋元康が書く歌詞が好きで、
その公演演目が大好きなさっしー。
その部分に一番拘っていたのってさっしーでもある訳で。

それよりもオリジナル公演を知らないまま
卒業していくメンバーを見る度に心を痛めていたのでしょう。
公演は創り上げていくもの。
その意味合いでも満月に進んで行くとも捉えられます。

さっしーが拘っていた事よりもこの子達に残してあげたい。
経験させてあげたい。
その想いが本当に強かったのでしょう。

さっしーはしっかりと実績を作っています。
今やプロデューサーです。
=LOVEと≠MEの正プロデューサー。
歌詞ももう相当書いています。

その実績を持って秋元康から初めての許可を得たのかなと。

不公平感を取っ払える「ひまわり組」というのも納得が出来ます。

HKTには色々な可能性がある子がいます。
振付は碧唯とはるたん。
衣装は葉月。
作曲はえれたん。
公演がCDになった場合のデザイン画はODA。
この辺りのメンバーを携わらせる事が出来ますよね。
メンバーにもチャンスを与えられる。
一石二鳥にも三鳥にも四鳥にも出来るんですよね。

いつ完成するのか。
さっしーも忙しいですし不透明ではありますが、
8周年辺りに動きがあっても良いのかなと考えています。

そして今回ある意味で「秋元康の呪縛」から解き放たれます。
本当に忙しい人ですから。
公演曲を書く時間なんて無いんですよね。
今回はHKTがそうなりましたが、
他のグループにも広がっていくかも知れません。
NMBはさや姉がとか可能性が広がりました。

詩を書ける子卒業生って居るんですよ。
楽しみじゃないですか?

48Gに一石を投じる事にもなった新公演。
飾る言葉は思い付きません。

ただただ「楽しみ」これだけです。

公演はストーリーです。
そのストーリーをさっしーがどう組み立てるか。
それが待ち遠しくて仕方がありません。

【あおいたんかれんだー】
2019_5_2.jpg
新しいHKTのスタートですね!

2019_5_2_1.jpg
碧唯をずっと推しメンだと言ってくれる
可愛いKⅣ末っ子の誕生日です。
良い一年になります様に!

↓ポチッとお願いします
にほんブログ村 芸能ブログ <br />HKT48へ
にほんブログ村

テーマ : AKB48 SKE48 NMB48 HKT48
ジャンル : アイドル・芸能

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

せっかく新公演なんだから、メンバー全員メンバーとしてかかわってもらういたいと思います。少なくとも、衣装や振付にメンバーをかかわらせるのは僕は反対です。

Re: No title

>HKT48ファンさん
それぞれの価値観ですから、その意見もとても分かります。
初めての試みだからこそ携わらせて新しいげたいなって気持ちが強いだけです。
どっちの意見もあるのかなと思いますし。
それも含めてどうなるか楽しみにしています。

No title

指原さんの卒業発表から、あっという間の4か月でしたね。
卒業コンサートは、ツイのコメントや動画、記事だけで
充分素晴らしさが伝わるものでした。DVDの発売を楽しみに待ちます。

新公演、嬉しいですね。意味もなく涙が止まりませんでした。

タイトルは、文字通りに月が満ちる=満月になるということに
臨月になる=新しい命が生まれるということも重ねられているのかな
と、ふと頭に浮かびました。真の意味でのHKT48誕生の意味かと。

TDCのコンサートのメーキングで、さっしーと咲良が並び、
少し離れて碧唯が、5期生のリハを観ているシーンがあります。
そのときの碧唯の顔が、振付師や舞台監督なんですよね。
そのあと咲良と交わす会話でも、5期生のパフォーマンスを
冷静に分析して、デビュー時の自分たちと比較して考えを陳べる。

しなもんは、公演の全シーンのVを持ち帰って見直したり、
夜に制服の芽公演があるからでしょうが、昼のくどはる生誕祭を
劇場で観たり、はるたんと5期生について、やっているけどできない
のか、そもそもやるつもりがないのかなどと話してたり、劇場公演に
ついて今まで以上に、真摯に向き合っていると感じます。

この二人に限らず、特に1期生や2期生は、何か役割を持とうとして
いるように感じます。だからこそ、メンバーに関わらせたいというのが
私の考えです。例えば、高校の運動会の女子のダンスで、上級生が振付や、フォーメーションを考え、後輩たちを指導して完成させていく、そんなイメージですね。

図らずも、キッカーさんのHKT=学校だ、
というコメントに呼応していますが。

そして、初日メンバー。1期推し、2期好きとしては、
1、2期生での初日を切望ですが、そこは公平に
内部オーディションで決めるのがいいでしょうか?

未だ詳細が見えない、まどかのピアノCDより
新公演の方が、現実味があってワクワクします。
新劇場の杮落としでの新公演というのが座りがいいかなって思います。

続報を楽しみに待ちましょう。(長文失礼しました)

Re: No title

>酔月さん
新劇場の杮落としが確かに良さそうだとは思うのですが、
かなり先になってしまうと卒業を考えている子が可哀想かなとか、
色々と考えてしまいます。

出来る限り早い方が良いなというのが私の考えです。
いつ卒業してしまうか分かりませんし。

初日がどうなるのか。
楽しみですね。
このページのトップへ
このページのトップへ
アクセスカウンター
プロフィール

キッカー

Author:キッカー
HKT48KⅣキャプテン
本村碧唯応援ブログです。

相互リンク絶賛募集中!!
ご連絡お待ちしています。


最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR