にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村 ピンチはチャンスッッ(仮)~碧く輝く~ 今田美奈について書いてみる
FC2ブログ
コンテントヘッダー

今田美奈について書いてみる

碧唯がぐぐたすを更新していないので、
その時にブログのネタとして、
他のメンバーの事を書いてみようと思います。

優先的にKⅣから書いて行きたいので、
他のチームは後回しになります。

基本的に不定期です。

書きたい事を書くので、
他に書かないと!って思った事があればそっちを書きます。

前置きはこの辺りで本題へ。

【今田美奈】
多田チームKⅣ時代から変わらずキャプテンの懐刀の印象。

みなぞうは本当にキャプテンをしっかりと支えてくれるイメージ。

ここ最近、みなぞうは歌唱力が非常に伸びたイメージがあります。
元々歌えるメンバーではあったと思うのですが、
聴かせる事の出来るメンバーに順調になって行っている印象。
自分のスキルアップにもしっかりと取り組んでいますよね。

またPD48ではみなぞうが居てくれたお陰で、
碧唯の精神が保たれた部分は大いにあると思います。

みなぞうには頭が上がらないです。
感謝する事ばかり。

心底報われて欲しいなって思えます。

KⅣが良い形でチームになっているのは
みなぞうの役割って本当に重要だと感じています。

彼女はHに昇格出来ず、
後輩である2期生と研究生を経験したメンバーの一人です。
「脳内パラダイス」は本当に好きな公演だったので、
推しのいる「博多レジェンド」よりも楽しみにしていた位でした。

あの曲者だらけの2期生達をしっかりとまとめてくれていたのは、
紛れもなくみなぞうでした。

私はみなぞう率いるKⅣを観たかった派です。
昇格してみなぞうがキャプテンをやるものと思っていました。

実際はクラス替えが行われ、その後の大組閣などを経て今のチームに。

今のKⅣ大好きなので、結果的に良かったと思う様にしています。
ですが、未だにもしそうじゃなかったらどうだったんだろう?
と思う事がたまにあります。

今は色々な無理がここに来て襲って来た為、
休演しています。
しっかりと治して戻ってきた欲しいです。

碧唯のモチベーションを上げる要素の一人ですからね^^


さて、こんな感じで書いて行こうと思います!
次回は詩乃ちゃんです^^

【あおいたんかれんだー】
2018_9_14.jpg
麻莉愛に制服の芽出て欲しかったんですが、
お腹が出るので駄目みたいですね。。。
元々KⅣのドラフト生だったのに。。。
改悪システム止めて麻莉愛が出れる様になりますように。。。

↓ポチッとお願いします
にほんブログ村 芸能ブログ <br />HKT48へ
にほんブログ村

テーマ : AKB48 SKE48 NMB48 HKT48
ジャンル : アイドル・芸能

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今田美奈について書いてみる の感想を書いてみる。

まさにみなぞうは、キャプテンの懐刀という言葉がピッタリ。同感!
愛ちゃんは心友として、碧唯は初期から苦楽を共にした同期として、
しっかりとキャプテンを、チームを支えてくれるメンバー。

ただ、そこまでの道のりはでは、たくさんの悔しさを経験したはず。
武道館DVDのメーキングで見せた、研究生楽曲に対する真摯な態度と言葉。
みなぞうの言葉と、その後をフォローしたなつの行動が、
武道館の成功の要因の1つだったと思いますし、
その後のHKTのまとまりにつながったと思っています。

昨年の1期手つな公演で見せた涙は、本当に美しかった。
だからこそ、報われてほしいメンバーの筆頭ですね。
選抜入りは、そんなに容易くはないでしょうが、一度は入ってほしい。
そうでなければ、次のKIVのチーム曲のセンターをさせたい。
大人メンバーが増えたKIVに似合う、しっとりとした楽曲で…。

私も、みなぞう率いる新生KIVを観たい派でした。
また、違った意味でいいチームになっていたと思っています。

これからも、その日が来るまで、碧唯を、KIVを支えて欲しいですね。

Re: No title

>The_U_Jinさん
みなぞうとまいこむは本当に苦労したメンバーですよね。
まいこむにはセンター曲が出来ましたが、
みなぞうにも欲しい所です。

ifの世界が見れたら良いなぁって思ってしまう事があります。

今と違った未来はどうだったのかと。
このページのトップへ
このページのトップへ
アクセスカウンター
プロフィール

キッカー

Author:キッカー
HKT48KⅣキャプテン
本村碧唯応援ブログです。

相互リンク絶賛募集中!!
ご連絡お待ちしています。


最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR