にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村 ピンチはチャンスッッ(仮)~碧く輝く~ 公演とは
FC2ブログ
コンテントヘッダー

公演とは

碧唯のSNS更新は勿論今日もありません。

さて今日は「公演」に関して書いて行こうと思います。

先日、劇場公演に関して書きましたが、
今回は「公演」です。

オリジナル公演とお下がり公演。
そしてレジェンド方式。

これに関して書いて行こうかと考えています。

HKTには未だにオリジナル公演がありません。
何となくSTUにはオリジナル公演が配布されそうな気がします。
48G初の船上劇場ですからね。
イメージが湧き易そうですし。

オリジナル公演。
HKTにも欲しいのが本音です。

ですが昔ほどおいそれとオリジナル公演は持てないと思います。
秋元Pの時間がない。
これが一番の問題なんです。

お下がり公演を色々と言う人も居ます。
オリメンには勝てないと私も考えている一人です。
ですが、今やお下がり公演が主流。

KⅣで言えば制服の芽。
これはSKEの黄金期に出来た公演とも言えます。
非常に質の高い公演。
その公演をKⅣがやれている事に嬉しさを感じています。

KⅣ版の制服の芽を作れば良い。
悲観的になる必要なんて何一つありません。
KⅣ版を作れればある意味でオリジナル公演となるんです。

次にHがやる「公演」RESETです。
本当に良い公演です。
何度か本店でこの「公演」を観ましたが、
良曲が多く、心に響いてきます。

残念ながらオリジナル公演ではありませんでしたが、
それでもグッときました。

私は変にオリジナル公演に拘る必要はないと思っています。
レジェンド方式も中々難しいものがあります。
博多レジェンド公演は奇跡の公演と言えます。
寄せ集めた曲だった筈なのにしっかりとメッセージ性がありました。

「公演」として素晴らしい出来でしたよね。
本店でも著名人公演やミネルヴァ等、
この方式の「公演」は行われています。
どの公演も評判が非常に良いですよね。

私は個人的にではありますが、
ひまわり組公演をレジェンド方式にするのはどうかと思っています。
内容は次の通り。
指原莉乃プロデュース公演。

マスコミも食い付くし、
話題になると思うんですよね。

問題はさっしーにその時間が取れない事。

HKTの起死回生の一手として、
是非7周年のサプライズに。

【あおいたんかれんだー】
2018_7_28.jpg
大人っぽい服ですよね^^
こういった服も似合う様になってきましたね!

↓ポチッとお願いします
にほんブログ村 芸能ブログ <br />HKT48へ
にほんブログ村

テーマ : AKB48 SKE48 NMB48 HKT48
ジャンル : アイドル・芸能

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

各グループにずっとオリジナル公演が来ない事の理由に、秋元康氏の時間が足りない、彼のキャパの限界という声も有りますしブログ主もそのような意見のようですが、私は(少なくとも今までは)それは違うと思っています。
ここ数年NGTやSTU、欅坂やけやき坂といったグループが生まれ新曲をずっと書いて来ました。しかもけやき坂に至ってはいきなり18曲の新曲を書き下ろしている訳で、これは分量的にも構成的にも1つの公演分にあたります。
つまり秋元氏は生産する分量としては十分に公演を書ける(書けていたはず)なんですが、書いて来なかっただけです。
それが彼のモチベーションの問題だったり、AKSの資金の問題だったり複合的な要因なのでしょうし、残念ですがそれ故絶望的とも思える訳です。

Re: No title

>チームKⅣ推しさん
一度書くとなると正直全チーム書かなきゃいけないと思うんですよ。
実際の話。
となると時間がないって表現になります。
私も「時間」より「モチベーション」だとは思います。
彼の創作意欲を刺激する様な事案が無いって事とも言えます。
もどかしいですが難しいでしょうね。
それに私は前ほどオリジナル公演に拘ってはいません。
今の「KⅣ版制服の芽」がとても好きだからです。
可能性を感じているのも一つの理由です。
非常に大変な公演ですが、創り上げて来ている印象がありますし。
このページのトップへ
このページのトップへ
アクセスカウンター
プロフィール

キッカー

Author:キッカー
HKT48KⅣキャプテン
本村碧唯応援ブログです。

相互リンク絶賛募集中!!
ご連絡お待ちしています。


最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR