にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村 ピンチはチャンスッッ(仮)~碧く輝く~ 頑張ったその先に何があるのか
fc2ブログ
コンテントヘッダー

頑張ったその先に何があるのか

各所で物議を醸している様で申し訳ございません。

少し言葉が足りなかった部分がありましたのでここに加筆させて頂きます。

本来アイドルってただただ愛でるだけで良いと思うんです。

でも、このグループには幸か不幸か「選抜総選挙」ってイベントがある。

総選挙ってある意味、1年間の通知表だと思うんですよ。
その1年間頑張って来た事に対する答えが出る場。
実際、そんな感じの発言をしているメンバーも居ます。

私は先日のブログで努力しなさいと言いました。

取り方によっては今だけ努力しろと言っている様に感じたかもしれません。
本意は違います。
1年間頑張る。
これが正解だと思います。

碧唯が頑張っていないとは思っていません。

では何故、せめて今は頑張った姿勢を見せろと言ったのか。

選挙前の特にこの時期はメンバーだけではなくファンもナーバスになっています。
これは勿論私を含めてそうです。

そんな状態でプライベートを優先している様に見える発信。
これはすべきではないんじゃないかなと。

本人はきっとそんなつもりはないでしょう。

でも選挙ってそれ位重たい案件なんです。

ファンの人はそれぞれ色々な物を費やしています。
時間、お金、思考・・・。
人によっては全て費やしている方もいるでしょう。
私個人は別に何かを費やしているとも思っていません。
彼女が楽しく活動出来ていればそれで良いとも思っています。

楽しそうに活動している彼女をより多く見たいとは思います。
その機会が増えるチャンスの場でもあるんですよね。
この総選挙って。

だからファンは頑張るんじゃないでしょうか。

碧唯はあざとく出来るタイプでもないですし、
苦手なのも分かります。

ファンの為に頑張って欲しいっていうのが私の言いたい事です。

碧唯は何よりファンの為にって言葉に敏感に反応します。

過去、碧唯の握手に行った時に
「ファンが喜ぶから2SHOTを撮って!!」ってお願いした事があります。
やっぱり敏感に反応してくれました。

ファンに対する思いは強いメンバーだと私は思っています。

だからこそ気付いて欲しかったんですよね。

誰かと比べるとかそういう事ではなく、
ファンの為、ひいては自分の為にやって欲しい。
17位云々はまた別の話。

折角年に一度同じ目標に向かって戦う機会があるのだから、
碧唯には先導して欲しいんです。

碧唯の言動でファンの動きは本当に変わります。

それだけです。

碧唯が頑張れば頑張った分、
きっと結果になって現れるんじゃないでしょうか。

今が踏ん張り時です。

ファイティン!!

↓ポチッとお願いします
にほんブログ村 芸能ブログ <br>HKT48へ
にほんブログ村

テーマ : AKB48 SKE48 NMB48 HKT48
ジャンル : アイドル・芸能

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

総選挙は当初は次シングルの立ち位置を決めるための、ファン参加型の一過性のイベントだったのに、いつもまにか、一年の通知表のよように扱われていますね。これは秋元さんも想定していた(ノゾンデイタカタチ)ではなかったのではと思います。
紅白選抜も同じ様な流れになるのでしょうか・・・?

これだけ大きくなったのは、ファンが身を削ったり、メディアがメンバーがテレビに出るたびにテロップに名前だけで無く選挙の順位まで載せたりして、大きくしていったことが要因でしょうか?
特に2012年、2013年の頃では、総選挙で、号外速報だしたり、朝のニュースでもトップで結果を報じたりしてました
(一般世間からすれば異常?)

メンバーも総選挙の結果如何で進退を決めたり、総選挙ランクインを
アイドル活動の目標にしたり、していますが、HKT選抜には総選挙の結果はあまり関係ないって言うファンもいますし、ランクインしたからといって次シングル参加以外の何かが約束されたわけでもないし、リクアワや運動会と同様に1つのイベントとして楽しんでほしいと思っています。
個人的にはPちゃんのような考えも有りかなと

Re: No title

>HKTツールさん
そうですね。
本当に。
もっと楽しめる様な規格にして欲しいものです・・・。
このページのトップへ
このページのトップへ
アクセスカウンター
プロフィール

キッカー

Author:キッカー
HKT48KⅣキャプテン
本村碧唯応援ブログです。

相互リンク絶賛募集中!!
ご連絡お待ちしています。


最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR