にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村 ピンチはチャンスッッ(仮)~碧く輝く~ 個人的見解/考察
FC2ブログ
コンテントヘッダー

キッカー的HKTセンター論

HKTの現在のセンターに関して書いていきたいなと思っていたので、
このタイミングで書こうと思います。

まぁ仰々しくタイトルを付けましたが、
何の事はない文章ですので生暖かい目で見て下さいw

現在のHのセンターはあかりちゃん。
センター資質は非常に高いと思いますが、
個人的には芽瑠のセンター適正が高いと思っているので、
彼女で書きます。

芽瑠は言うなれば太陽。
その光で周りを照らし引き上げます。

そしてKⅣのセンターは音々。
言うなれば月。
その引力で全てのモノを引き寄せます。

TⅡのセンターははな。
言うなればひまわり。
その笑顔で周囲を温かい気持ちにさせます。

三者三様のセンターで非常に魅力的です。

念の為言っておきますが、
ひまわりだから太陽や月と比べて劣るとかそういう事ではありません。
例え易いイメージで例えているだけです。

じゃあこの中で誰がHKTのセンターを担うべきか。
トライアングルセンターで観てみたいと個人的には思っています。
1曲で3個の表情がある。
魅力的ですし類を見ませんよね。

この中で誰か一人を選べと言われるならば。
個人的には音々のセンターを観てみたいです。
理由は単純。
それを観た事がないからです。
チームを超えてグループのセンター。
そしてやはり碧唯のいるチームのセンターだから思い入れもあるんですよね。

皆さんの思うセンター像はどうでしょうか?
他にもまだまだ居る気はします。
それこそあかりちゃんのセンターだとどうなるのか。
敢えてなつあおでセンターをしたらどうなるのか。

色々な可能性を試せるグループだという事がHKTの魅力ですね。

と妄想たっぷりで書いてみました(笑)

【あおいたんかれんだー】
2019_12_2.jpg
天使ですね^^

↓ポチッとお願いします
にほんブログ村 芸能ブログ <br />HKT48へ
にほんブログ村

テーマ : AKB48 SKE48 NMB48 HKT48
ジャンル : アイドル・芸能

このページのトップへ
コンテントヘッダー

8周年記念公演に向けて

HKT48が8周年を迎えます。

これまで様々な事がありましたね。
特にこの一年は激動でした。

咲良と奈子のIZ*ONE専任。
さっしーの卒業。
はるっぴの卒業。
正に一つに時代が終わったと言えます。

そして原点に戻った九州ツアー。
新たな可能性が広がったのではないでしょうか。

そんな中での8周年。
一体どんな特別公演になるのか。
その前夜祭であるライブもまたHKTらしさが溢れそうです。

何やらメンバーも知っているサプライズもありそうで。
これに関してはきっとハッピーな事ですね^^

果たしてそれだけで終わるのか?
何かありそうで無いのがHKTみたいな風潮がありますけど、
それって予定調和なんですよ。
昔の48Gだったらそれを裏切ってましたよね。
さぁどうなるか。

非常に楽しみです。

ぶっ壊すのも良いと思うんですよ。
言葉的に良い表現ではありませんけど。

そしてこの間Instagramに投稿した内容。
それがどうなるのかも気になってます(笑)
個人的な予想と言うか。
願望なんですけどね^^

将来的にでも良いのですが、
○○プロデュース公演をHKTもやって欲しいですね。

そんな所で今日はこの辺で!!

明日の記事も似た様な事を書くかもしれませんのでw

【あおいたんかれんだー】
2019_11_26.jpg
どんな公演になるか楽しみですね^^

↓ポチッとお願いします
にほんブログ村 芸能ブログ <br />HKT48へ
にほんブログ村

テーマ : AKB48 SKE48 NMB48 HKT48
ジャンル : アイドル・芸能

このページのトップへ
コンテントヘッダー

対外イベント告知に関しての考察

さぁ!
私の妄言、妄想タイムが始まりました(笑)

表題の件に関して気になった事があったので、
考察をしたいと思います。

本日、下記イベントへの出演が急遽決まりました。
ふくこいアジア祭り

これが気になったんです。
本当に急遽決まったのか。
それとも決まってはいたけども告知を敢えてギリギリにしたのか。

私は後者なんじゃないかと感じています。
理由としては色々とあるのですが、
一番は撮影禁止なのにも関わらず撮影し、
それをSNSで拡散する人がいるから。
これの対応策なのかなと。
そうなってくると今後も発表はギリギリになり、
行ける人も限られてくる事になるでしょう。

結果的にそのイベントに行く人の分母も消してしまう事になりますし、
費用対効果を判断されてイベントに呼ばれる回数も減ってしまうかも知れません。
そして呼ばれる為に費用を下げてとかそういう話になり、
また収入が減る。
そんな悪循環まで考えてしまいました。

これは全て私の妄言なので実際はどうなのかは分かりませんし、
知る術もありません。

今一度イベントでの注意事項などを改めてしっかりと確認する。
これをファン側で行う様にしていきたいですね。

と、今回は妄言たっぷりの記事でした(笑)

【あおいたんかれんだー】
2019_11_17.jpg
最近、可愛さがグッとました天使ちゃんをどうぞ^^

↓ポチッとお願いします
にほんブログ村 芸能ブログ <br />HKT48へ
にほんブログ村

テーマ : AKB48 SKE48 NMB48 HKT48
ジャンル : アイドル・芸能

このページのトップへ
コンテントヘッダー

近未来考察

HKTの近未来的に起こりそうな事を考察しようと思います。

・クラス替え
・シングル発表
・ユニット公演
・昇格

少し希望は入っていますがこの辺りかなと。

個人的にはクラス替えはせずに、
今のチームを強化して欲しいんですよね。

それぞれのチームに足らない部分を、
研究生の昇格によって補えますし。

その他の案件は希望ですね希望(笑)

特にユニット公演は熱望しています。
魅せる事の出来るメンバーが多いですし、
立場が変わってからの碧唯のパフォーマンスもまた一段上がりましたよね。

だからこそどんなセトリをやるのかも気になりますし。

ゴリゴリにダンス曲のみをやって欲しいなと思ったり。
HKTに対する印象が変わると思うんですよ。

本命のここを期待したいなと思います。

暫くはLit charmの動きを気にしていきたいと個人的に思います。

【あおいたんかれんだー】
2019_11_7.jpg
中々接点が無いので是非持ってもらえたらなぁと秘かに思ってますw

↓ポチッとお願いします
にほんブログ村 芸能ブログ <br />HKT48へ
にほんブログ村

テーマ : AKB48 SKE48 NMB48 HKT48
ジャンル : アイドル・芸能

このページのトップへ
コンテントヘッダー

HKT的未来予想図⑮

ツアーも終わったのでやはりこのお題で一度書いておこうかと。

かなりの成長を今回でしましたね。
それは勿論箱としてもですが、
1期生のリーダー力がかなり付いた印象があります。

さっしーが卒業したからこその成長なのかなと。
正にメンバーはあの支配人から卒業をしたのではないでしょうか。

推しである碧唯もその例に漏れず。
ファンへのアピールもアイドルとして全うし、
グループを先頭で引っ張る立場としてもその責務を果たしていて。

生で観れなかった事はやはり残念ではありますが、
このツアーはHKTにとっての大きなターニングポイントになる事でしょう。

クラス替えもしませんでしたね。
それもそれである意味で正解かも知れません。

各チームがまだまだ固まっていないからこその継続。
そうとも捉えられますし。

そして碧唯推しとしての一番の収穫はやはりこれでしょう。
Lit charm始動。
かなり色々な可能性を秘めていると思います。
本格的ダンスユニット。
Chou!もイベントを行いましたし、
Lit charmも可能性があると考えられます。

今は9名ですが追加メンバーを入れて行くという展開も視野にあるのかと。
まだまだパフォーマンスに定評のあるメンバーが居ますし。

碧唯の手腕に期待しています。
HKTとは全く別の色を出しつつ、
外にも打って出て行くのもアリなのかなと思います。

碧唯のダンスも今は「覇気」を放てています。
一皮も二皮も剥けた様に見えるのはリミットを外したのではないかと。

ここからLit charmを通じて、
HKT全体のスキルも向上していくのではないでしょうか。

今回のツアーで得た財産はきっと想像よりもかなり大きいのではないでしょうか。

未来への展望が明るくまた大きく広がったのではないでしょうか。

褒めてばかりですが、
そういった手応えのようなものを強く感じています。

【あおいたんかれんだー】
2019_11_1.jpg
天使の微笑ですね^^

↓ポチッとお願いします
にほんブログ村 芸能ブログ <br />HKT48へ
にほんブログ村

テーマ : AKB48 SKE48 NMB48 HKT48
ジャンル : アイドル・芸能

このページのトップへ
このページのトップへ
アクセスカウンター
プロフィール

キッカー

Author:キッカー
HKT48KⅣキャプテン
本村碧唯応援ブログです。

相互リンク絶賛募集中!!
ご連絡お待ちしています。


最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR